テミーとふたりで
urutemi2.exblog.jp

マルチーズのテミーとワタシのあんなこと☆こんなこと
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その他のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
使わないことを願って
マルチーズは「僧坊弁閉鎖不全症」になりやすく
さらに僧坊弁の腱索が切れやすい犬種だと獣医さんに言われました。
なのでウルーの病気の程度が少し進んだときに、酸素を購入しておきました。
f0145192_16151830.jpg

呼吸困難になったときに吸わせるためです。

でも、いざという時がやってきたのにちっとも役に立ちませんでした。
これは自分の指で押し続けないと酸素は出ませんし、量も調節できません。
自分自身がパニックになっていたので、
ウルーの鼻先に上手に酸素を出すことができなかったし
ウルーも苦しいのにたくさん出る酸素の音がイヤで顔をそむけてしまいました。

そこで次はこちらでちょっとお高かったけど携帯酸素セットを購入してみました。
f0145192_16214859.jpg

医療用なので酸素濃度も高く、
なにより出す量も調節できるし、酸素のボトルが自分で立ってくれるので
ワタシは余裕で身体をおさえて鼻先に出してあげることができます。
f0145192_16234829.jpg

こんなに小さくても本格的です。

ウルーとテミーは親子なので同じようになるとは限らないけれど
ウルーの場合、切れた症状が出てからはもう手の施しようがありませんでした。
この心臓病の苦しさは「水の中で溺れているような状態」だと聞きます。
ウルーを診てくれた先生が「蘇生処置はしませんよ。さらにまた苦しむだけですから」
とおっしゃったように、弁の腱索が切れてしまったあとの苦しさがなくなるのは
心臓の動きがとまることだけになります。

こんな酸素を持っていたって、
テミーに同じ症状がでたときに、生命を助けることはできないけど
その恐怖と苦痛を少しでも和らげてあげたいのです。
少しでも楽に送ってあげたいのです。
f0145192_16373531.jpg

できることなら使わずに済めばいいけどね。
[PR]
by urutemi2 | 2008-06-15 17:10 | ワタシのつぶやき